青森県の酒
鳩正宗  純米吟醸 山田錦50%
鳩正宗

いつもの渋谷、咲Laダイニングの裏メニュー
十和田の酒蔵ですね
180703

田酒 純米大吟醸 
西田酒造

大きなゴルフコンペのベスグロ賞で貰いました
日本酒人生のきっかけとなった私にとって
思い入れのある銘酒です
170602


豊杯 純米吟醸
三浦酒造

いつものかもすや酒店で飲みました
170329


陸奥 八仙 ひやおろし
八戸酒造

かもすや酒店で飲みました
間違いなく旨い
160928


桃川 純米酒
桃川

次男が年末に持ち込みました
まずまずの味です
160104



田酒 純米大吟醸 山廃
西田酒造

大きなゴルフコンペで優勝し悲願の田酒と再会しました
表彰式当日は風邪でダウンし欠席
体調回復してから味わうことにします
151217


田酒 石鹸と酒粕フェイスマスク
西田酒造

大きなゴルフコンペの優勝賞品「田酒」と一緒に付いてきました
しばらくは見つめることにします
石鹸と言えば、獺祭で有名な旭酒造からも貰った記憶あり
151217


古城乃錦 純米大吟醸田酒
西田酒造

久しぶりに田酒に出会いました
大きなゴルフコンペでの賞品の交換交渉が成立し
ゲットできました
150916


陸奥 八仙 ピンクラベル吟醸酒
八戸酒造

荏原中延「かもすや」で飲みました
150722



陸奥 八仙 生原酒
八戸酒造

日本CCでのプレイ後、埼玉坂戸の焼き鳥屋で飲みました
旨い
140502


亀吉 吟醸 濃醇酒
樺村亀吉

青森の新たな美味い酒を発見
田酒のよきライバル
140414


田酒 純米大吟醸 百四拾
西田酒造

大きなコンペでベスグロ賞として頂きました
日本酒を好きになるキッカケとなった青森の銘酒です
130918

百四拾とは酒造好適米「青系140号」からとった名称
青系140号はその後「華想い」と命名された
この華想いは山田錦と青森の華吹雪とを掛け合わせ山田錦を超える好適米を目指したもの
田酒純米吟醸百四拾はこの華想いから生まれた山田錦を超える旨い酒
ところで、山田錦は山田穂と短稈渡船からできた好適米だが、幸運なことに筆者は山田穂40%の田酒と短稈渡船40%の田酒の両方を味わっているのです(下の欄を参照ください)

純米酒田酒の
西田酒造の帆前掛け

大きなコンペでベスグロ賞の副賞として頂きました
田酒そのものでなくて嬉しいですね
130619

田酒 山田穂 純米大吟醸
西田酒造

酒造好適米の最高峰といわれる山田錦
その母となる山田穂を40%で精米して造った純米大吟醸
父となる短稈渡船とセットで何と20k円(720ml)
高級すぎていつ飲んでよいやら・・・
大きなコンペでのベスグロ賞として頂きました
あの土砂降りの中での我慢に我慢を重ねた結果です
嬉しく飲ませていただきます

120314


田酒 短稈船渡 純米大吟醸
西田酒造

酒造好適米の最高峰といわれる山田錦
その父となる短稈渡船を40%で精米して造った大吟醸純米
高級すぎてなかなか飲めません

120314


田酒 特別純米
西田酒造

私が日本酒を好きになるきっかけとなった忘れられない銘酒です
山形の十四代と肩を並べる逸品です
私が所属するソフトボールチームでの納会(茗荷谷近辺の居酒屋)で初めて日本酒の素晴らしさを知り、それが田酒だったのです
仲間に言われたことを今でも覚えています「味のわからない貴方にはもったいない」

田酒 純米大吟醸
西田酒造

高校の忘年会で飲みました
西新宿にある「ひなた」という店です
この店には何故かいつも銘酒が準備されているのです

111228

田酒 純米大吟醸山廃
西田酒造

日本橋の蕎麦屋さんで発見しました

田酒 純米吟醸
西田酒造

職場のゴルフコンペのベスグロ賞でいただきました

051123


田酒 特別純米 山廃仕込
西田酒造

青森までの新幹線開通に伴い手に入れました
やはり旨いですね

101205

田酒 熱燗用
西田酒造

熱燗用があるとは知りませんでした
知人がわざわざ送ってくれたのですが、私の手元に届いたときは瓶にヒビがあり漏れていたため口にすることができませんでした

淡麗純米 ねぶた
桃川

近所の酒屋で手に入る手頃な純米酒です

桃川 吟醸純米
桃井

ねぶたと同じ蔵元です

彩北の純米酒
桃川

この蔵元シリーズは近所の酒屋で買えるのです

090926

豊盃 ん
三浦酒造

千葉市原の酒店ではNo1人気
それなりに旨かった

090306